市政レポート Vol.1 2016年/新春号|芦屋市の市議会議員|はせ基弘(長谷もとひろ)

芦屋市議会議員 はせ基弘芦屋市議会議員 はせ基弘
「ブレずにまっすぐ、芦屋の未来に向かって」
「福祉」について「教育」について「財政」について「街づくり」についてコラムお問い合わせ
市政レポート Vol.1 2016年/新春号

国道43号線 精道交差点に念願のエレベーター完成!

精道交差点エレベーター・市設置

  精道交差点エレベーター・国設置

精道交差点エレベーター 国道43号線、精道交差点に念願のエレベーターが完成しました。市庁舎南館敷地内の方は工事費68,889,960円。国の補助金は17,010,000円でした。(工事費―国の補助金=市の負担金)

精道交差点エレベーター・市設置交差点南側の方のエレベーターは国負担で建設されました。両方のエレベーターに乗ってみれば直ぐにわかりますが、メーカーが違います。市庁舎側の方がグレードが高く、タイル風のデザイン・スケルトンです。これは、「芦屋川沿いの建物なので景観に配慮しました」 と担当者は言います。

精道交差点エレベーター・国設置   一方、国の設置したエレベーターは近くの深江の交差点などのものと一緒のグレードだそうです。
「公平性」 なのだろう。建設費は詳しくは教えて貰っていません。 両方のメーカーが違うのはそのためなのです。

精道交差点エレベーター市民の皆さんの念願でもあった市役所付近のバリアフリーがまた一歩進んだことになります。 市内バリアフリーのチェックを行ってから10年も掛かったのですが、完成した時は、正直嬉しかったです。

芦屋市広告規制条例について

芦屋市広告規制条例 (芦屋市屋外広告物条例) が景観保全のためと言って日本一の厳しさで成立しました。
芦屋市の景観を大切にするのは当然の使命ですが・・・
この条例は 「やり過ぎ条例」 なのです!!

芦屋市役所   昨年12月1日、建設公営企業常任委員会で、芦屋市商工会より、正式な陳情書として 「急いで採決するのではなくちゃんと話し合って欲しい」 との陳情を含めて議論していました。私自身も 「参考人や公聴会を開くべきだ」 と主張していたので、合意されずに、12月11日にも 「説明が十分でなく、当局の手法にも問題がある」 と慎重審査となったのです。
   その結果 「継続審査」 であれば陳情された市民の皆さんとの話し合いが可能になると 「ホッ」 としていました。しかし、12月18日の本会議で 「芦屋市屋外広告物条例」 は慎重審査から一転、直ちに委員会が開催され、当日中に結論を出すという通常ではない委員会・本会議運営がなされたのです。そして、その日に、条例が成立しました。


急ぐ必要性もないこの条例案。
市民の中で議論をしっかりやって、更に素晴らしい条例にする考え方が何故否定されるのでしょう?

芦屋市街   4月施行を7月施行に延期しても本質的に事態が変わることはありません。市担当者は当事者の事業者などに説明を行ったと言うのですが、実際は説明不足と言わざるを得ない状況でした。
   845件の内318件が不適切な看板とする説明でしたが、この845件は県条例に従って申請をした数で、全市的な広告物条例の調査は行っていません。市が説明するように該当する看板は少ないのなら今後の調査ではっきりさせなければなりません。私は景観行政を推進するのは反対ではなく、積極的に賛成したい議員の一人であっただけに無念でなりません。


× 私が反対する7つの理由 ×
1
私が反対する7つの理由この条例に罰則規定がある以上当事者との話し合いは必須です。全市的に周知していない団体・個人が多数存在するのであれば市民の協力を得ることは出来ません。 罰金は最高額50万円以下で「前科」になるものです。
2
条例自体に問題がありました。特例などと称して 「街にマッチしている」 「センスがある」 を根拠に、条例違反である看板かそうでないかを個人的主観に左右されることが問題なのです。 芦屋の街づくりは行政主導でやるべきではありません。歴史的に見ても市民が現在の環境を作ったのであって、行政が 「良い、悪い」 を決めること自体が問題なのです。
3

芦屋市役所・市章芦屋市役所の市章は市の象徴であり、それを看板と言い放つ行政の姿勢は支持できません。
撤去には断固反対です。 芦屋市の市章が広告物とする感性こそ、信じられないことです。この条例が 「行き過ぎ条例」 であるという証拠でしょう。

4 暗い色だけの街並みが 「芦屋らしい」 と言い切れる根拠は何もない。明るい色彩も必要性はありますし、色だけで規制する妥当性はありません。
5 芦屋市街個人の財産権を侵害する条例で、これまでは合法である看板が今度は違法となります。 撤去するために補償制度が無ければ条例不備であるが、その内容がはっきりしません。
新年度予算案でどれだけの撤去費用に税金が投入されるかしっかり確認する必要があります。 撤去費用で他に充実させたい施策はたくさんあります。
6本来、色彩も含め、議員の看板を例外にしていいのでしょうか? 景観上好ましくないと思われませんか? 議員の看板や名前だけ目立つようになっている政治家ポスターは規制に該当しません。政治活動は元々規制外の特例なのです。私は撤去もしくは芦屋市では掲示しないと行動するべきだと思いますが…。
7

芦屋ヨットハーバーこの 「屋上広告物条例」 がもたらす効果が不明確です。

@ 商工業・医療他がやりにくい街のイメージが適切とは思えません。
A 広告物に替わる商工業者への支援策や新しいシステムの具体策がありません。

お商売のやりにくい街が住みやすいとは私には思えないのです。


主な違反行為は
これで罰金とは?
規制内容は、のぼり旗全面禁止、屋上広告看板禁止、光る看板禁止、突き出し看板は高さ4.5m以下に設置、面積1u以下、看板の文字は1文字1u以下、彩度 (色の鮮やかさ) の高い色禁止などですが、私にも解りにくい内容です。

山手・精道中学校建設の問題点とその対策について

この建設問題に対して9月
議会で問題点を指摘し改善を求めたものです。

精道中学校   学校敷地面積 精道中学は16,350u、潮見中学は28,424uになります。面積比では1.7倍以上の差になります。生徒数は逆に精道中学は潮見中学の倍。一方、山手中学は全面積30,831uでグランドは15,000u近くあるのです。精道中学はグランドの面積も9,450uしかありません。
   ここで問題になるのが精道中学なのですが、敷地面積が非常に狭いのが現実です。教育委員会は 「施設面でも公平を補償する事が大切である」 との認識でした。

精道中学校・グラウンドそこで、私は施設面の整備から潮見中学の給食のランチルームを山手・精道中学にも導入することになるのですが現実的に可能なのか?と問いました。精道中学建て替えについては、具体的な検証はされていないということでした。
   そもそもは潮見中学校のランチルームを建設した際に、山手中学や精道中学がどうなるのかを見据えたうえで建設するべきなのですが、先を考えずに行ったために 「学校格差につながった」 などとなれば、教育委員会の責任は重大なのです。
  しかも、2020年 (平成32年) 4年後に給食を開始する最後の精道中学に対して申し訳ないでは済まないでしょう。

精道中学校・校舎 精道中学は南側に校舎、北側にグランドを建設すると安上がりですが、教育的効果が期待できません。潮見中学の倍ある生徒数のランチルーム。手狭なグランドの広さを確保するためやれる方法は、校舎を高く (制限あり) 建設するか地下を利用する方法しか残っていません。
   それには通常の建設費用より割高です。4階分か半下にプールなどの施設を建設するなどの工夫も必要なのです。

山手・精道中学校建設の問題点とその対策について

潮芦屋教育施設用地 (約2.7ha) を芦屋市が約20億円で購入!

潮芦屋・教育施設用地 認定こども園の誘致を進めるのは当初計画であるので当然のこととして、少年サッカー・フットサル兼用コート・テニスコートなどの健康増進施設、地域交流の部分で多目的交流スペース、地区集会場など、防災機能を付加する施設が建設予定になります。潮芦屋地域のアンケートには地域図書館・地域クラブなどの活動拠点を求める声もあります。

潮芦屋・教育施設用地   公設民営方式ですが、サッカーやテニスに限定する必要はありませんから、これから地域の方々としっかりと話し合うことが重要です。
   私は6月・9月・12月と2015年はこの潮芦屋小学校建設に関する質問を毎回続けましたが、この問題に決着をと考えています。

20億円の用地です。
小学校建設なら国の補助金も求められたのですがこれらの施設は完全に市負担になるでしょう。

潮芦屋・教育施設用地   防災拠点作りには幾らかは補助金が付くでしょう。小学校建設する費用を上回り、概算40億円 (具体的ではない) 費用を投資し平成30年度の供用開始を想定すると、これらの議論はより慎重になるべきです。


潮芦屋・教育施設用地   「小学校建設では国の補助があり安価でできるはずですから、やっぱり こっちにするべきだった…」 と無責任な議論で地域を翻弄するようなことだけはしないで欲しいものです。

27年度に他に取り組んだ 「はせ基弘の」 調査・質問は?

内容1 内容1

ゆずりあい駐車場の設置ミスの調査と改善。

内容2 内容2

小・中学校施設の改善計画。常駐警備員の配置。

内容3 内容3

キャナルパーク南芦屋浜・水路の利用計画の改善。

内容4 内容4

救急医療に関する実態調査。

内容5 内容5

高齢者医療と介護保険の関係など。
27年度に他に取り組んだ 「はせ基弘の」 調査・質問は?
お知らせ/トピックス

2017年07月28日議会活動・市政レポート Vol.9号を掲載しました。NEW

2017年07月14日議会活動・市政レポート Vol.5.6.7.8号の4ページを掲載しました。NEW

2017年04月15日議会活動・市政レポート Vol.4号外編を掲載しました。

2017年04月15日活動写真を追加掲載しました。

2017年03月24日議会活動・市政レポート Vol.3-2017年/春新年度号を掲載しました。

2016年08月01日議会活動・市政レポート Vol.2-2016年/夏・秋号を掲載しました。

2016年04月20日「議会活動」 に 「精道交差点エレベーター完成」の記事を掲載しました。

2016年02月02日議会活動・市政レポート Vol.1-2016年/新春号を掲載しました。

2015年11月04日ホームページをリニューアルしました。

Copyright© 2015. Hase Motohiro All Rights Reserved.